【DIY リフォーム外壁塗装】手順と塗料を詳しく解説します!

スポンサー

DIYで外壁をリフォーム塗装するときどんな塗料を使えばいいのでしょうか。

 

その手順と塗料についてこのページで解説していきます。

 

 

DIY リフォーム外壁塗装で用意するもの

・マジックロン(サビ落としなどに使う)
・マスカー(ビニール付きのテープ)
・ハケ、ローラー
・塗料
・ブルーシート

 

DIY リフォーム外壁塗装 手順1 ケレン作業

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

マジックロン(粗目)/1枚
価格:324円(税込、送料別) (2017/3/8時点)

マジックロンで外壁や鉄部を目荒らしします。
目荒らしとは塗る面を傷つけることで塗料の密着をよくするためにおこないます。

また汚れなどを除去するためにもマジックロンで掃除をしていきます。

 


プロが塗替えする場合は高圧洗浄を行います。
家全体を洗浄してから塗装すると密着の良い下地が出来上がります。
しかしDIYで外壁塗装をする場合は高圧洗浄まで必要ありません。

 

 

DIY リフォーム外壁塗装 手順2 養生作業

窓や床など汚れてはいけないところの養生を行います。

 

 

ビニール付きのテープをマスカーと言います。
マスカーを使って窓や床を汚さないように覆っていきます。

 

 

この作業をすることで窓や床が汚れなくなります。
DIYで塗装をするとき、おうちの方が塗装するとだいたい窓や床が汚れてしまっています。

 

そうすると大事な家の景観が台無しになってしまいます。
外壁を綺麗にすると同時に汚してはいけないところもしっかりと養生する必要があります。

 

ですのでこの作業はしっかりと行いましょう。

 

 

DIY リフォーム外壁塗装 手順3 塗料と塗装道具を準備する

下地処理と養生が終わったら今度は塗装に入っていきます。

使う塗料はニッペ 1液ファインウレタンU-100がオススメです。
1液とは硬化剤なしですぐに塗れる塗料のことです。

 

ですので初心者の方でも使い易い塗料となっています。
塗料には1液、2液という種類があります。

2液は主材と硬化剤が別になっているものです。
硬化剤を入れてしまうと塗料が1日で固まってしまうので扱いにくいです。

 

その点1液は硬化剤不要なので翌日に塗料が固まるということはありませんので初心者でも使い易い塗料となっています。

 

あとはハケとローラーセットを用意すれば塗装を始めることができます。
下 ↓ のようなセットを用意するといいですね。

こういうセットはホームセンターでも販売されています。
楽天などでも売っていますよ。

 

 

 

DIY リフォーム外壁塗装 手順4 塗装作業

いよいよ塗装に入っていきます。

↓ のようにローラーで塗料を均等に塗っていきます。
隅などローラーが入らないところはハケで塗りますが平面はローラーで均等にならしながら塗ります。

外壁塗装は2回塗り〜3回塗りが一般的です。
プロの塗装屋さんが塗替えをする場合は3回塗りをすることが多いです。

 

最初に下地処理として「シーラー」という密着力を上げる塗料を塗ります
2回目に塗料1回目を塗装します。
3回目に仕上げで塗料を上塗りしていきます。

 

プロは合計3回塗装しますが。DIYの場合はシーラーは塗らずに塗料を2回塗れば十分綺麗になりますし丈夫になります。

 

 

DIY リフォーム外壁塗装のまとめ

DIYで外壁リフォームをする際は、下地処理と養生をしっかりするようにしましょう。

 

塗装で大事になるのが塗装前の下準備です。
塗るのは簡単なので誰でもできるのですが、窓や床の養生や外壁の下地処理はなかなか初心者の人はできません。

 

ですので下準備をしっかりと整えてから外壁塗装に入るようにしましょう!

 

 

 


【利用者180万人!日本で最も利用されている塗替え一括見積もりサービス「ヌリカエ」】
当サイトで一番オススメしている塗り替え一括見積りサイトは、「ヌリカエ」です。


【ヌリカエをオススメする理由】

・ヌリカエ利用者180万人以上
・厳しい審査に合格した塗装会社のみ加盟
・10秒の入力で複数の会社に一括見積り・提案を依頼出来る
・100万円単位で安くなる事もある
・しつこい勧誘一切なし
・専門アドバイザーから塗替えのアドバイスをもらえます
・工事の要望や相談、アフターサービスも万全
・無料で素早く塗り替えの相場がわかります
nurikae利用者のアンケートにて顧客満足度が非常に高いサイトです。

塗り替えを検討している方は、業者に相談するよりも中立な立場にある「ヌリカエ」に見積もり、提案依頼する事をオススメします。



   
スポンサー

コメントを残す